2004.03.25

構造見学

[ 建築見学 ]

DSC02004.JPG

今日は友人の植木さんの現場S邸の構造の見学に行ってきました。
こうやって仲間うちでお互いの現場を見てあーじゃない、こーじゃない、お勉強会。
最近、建築熱の上がっているグラフィックデザイナーMKSDサトー氏も参加です。

第一印象は柱、梁共細い! (もちろん安全です)

さすが構造家H先生の計算、システムもものすごく合理的できれいです。
こういったデザインのことも考慮した、設計者の意図をくみ上げて構造を設計できる構造家って残念ながら、この先生以外に群馬では知りません。
 なんでこんなに柱でっかいの? とかこんな梁いらないだろー、みたいなことはしょっちゅうで、それを変えていこうという設計者も少なかったのでしょう。でっかければ安全みたいな過剰な構造があたり前になってる。
細かい部分では室内の天井とサッシュがきれいに納まる様に、梁をずらしてあったりして設計者の苦労がうかがえます。こういうことをおろそかにすると良い空間が生まれない。我々は恐らく言わなければ解らないようなことをチュクチュクやっているんですね。
ん〜なかなか。 植木さん、さすがです。
またちょくちょく見にこよう。

構造は囲われてしまえば見えない部分ですけど、トーゼン構造もデザインなわけで
よい建築には良い構造、改めて実感です。


コメント

「建築を目指すデザイナーのための現場見学会01」に参加していただきましてありがとうございます。
住宅なので生活空間をなるべく大きく取りたいという思いから、柱、梁のメンバーが細くなるように構造との打合せを重ねてきました。やっと、基礎の方も打ちあがり、今後の現場の進捗が楽しみです。(これからは、細かいところに気を使わなくてはならないので大変ですが。。。)次回もいろいろと意見を聞かせてください。
サトウさんのCAVE-2の現場見学も楽しみにしております。今後ともよろしく。

植木さん>
今回は参加できなくて残念!!!
02こそは見学いきたいです。

佐藤さん>
CAVE-2見学会、ボクも行きたい!
たのしみですねー
東京だし。

CAVEも現場見学会やりますよ。
木造の小さな住宅ですが、大きな空間をとっていますので建物の幅目一杯(6.4m)鋼製ばりでとばす予定です。
東京ですがぜひ足を運んで下さいね。

コメントする

コメントはFLOWの承認が必要となります。
承認されるまでコメントは公開されません。しばらくお待ちください。





トラックバック

トラックバックURL:

CATEGORY

ARCHIVE

RSS