2011.03.17

現場近況

[ Diary ]

流通が思うように行われていないのは周知の通りなのですが
建築の現場でも影響が出始めています。
ガソリン不足のため材料が届かない、現場に行けない、打ち合わせが出来ない・・・
それから材料を製造している大手工場も被災していて生産が滞っている。
なによりこれから一番影響しそうなのが合板類の不足が懸念されます。
ちょうど年度末で引き渡し、引っ越しが多い時期ではあるのですが
工期の延長を余儀なくされる状況はさけられない現場も多いのではないでしょうか。

我々FLOWも現場が3つ進行中で
停電中も可能な範囲で各職黙々と作業を進めてくれておりますが
先に書いたような状況になる事が今後予想されます。
最大限できる努力はしていきますが、基本いつも通り
判断を間違えないように淡々とこの状況と向かい合っていきます。

とはいえ、計画停電、ガソリンの不足は各方面効きますね。
我が家も次男の保育園が遠方なのと、現場監理は各所車移動はさけられない。
現場は連絡を密にし移動を最小限にしてそれ以外は自転車と徒歩でガソリン温存中。
奥方は通学時間帯には信号の止まった交差点で旗ふり。

と、差し当たり身近なことを書き並べてしまいましたが
いろいろこれまでのこと、これからの未来のこと、思う事たくさんですね。
原発の事はじめ。

しかしまずは今出来る事を。
経済を動かすこともとても大事。できる状況下では。
我々など微力なわけですが今ここで出来る事をこつこつやっていきましょう。
被災地のみなさんの復興を祈りながら。


コメントする

コメントはFLOWの承認が必要となります。
承認されるまでコメントは公開されません。しばらくお待ちください。





CATEGORY

ARCHIVE

RSS