2005.04.02

9坪ハウスでお花見

[ 建築見学 ]

4.2.jpg今日は夕方ちょこっと前橋の9坪ハウスへ。

昨年オープンハウスでお邪魔したのですが、今回は見学ではなくお花見にお招きいただきました。

残念ながらまだ咲いてなかったですが、目の前には桜並木。

来週末辺りはきっと最高でしょう。

Yさん、ありがとうございました。

また今度、ぶらっと遊びに行きます。


2005.03.27

鬼石町多目的ホール

[ 建築見学 ]

3.28.jpg
今日は鬼石町に完成した鬼石町多目的ホールへ。
建築はもちろん楽しみなのですが、この日は完成式典のあとすぐ近くで住宅を計画中のNさんの太鼓チームの講演があるので、建物見学もそこそこにまずはホールへ滑り込み。この鬼石町は4/1にお隣の藤岡市との合併が決まっており、この太鼓の講演も藤岡の太鼓チームとのコラボ。

講演終了後はゆっくりと建物見学。GAに掲載されていた写真ではガラスの継ぎ目のリブが気になったのですが実際はそんなことはなかった。すごく透明。建物の向こうの広場で遊んでいる子供が確認できたりする。建物の中を一緒に歩いていた人が、気が付くとガラスの向こうの外を歩いていたり、さらに隣の建物に入って行ったり。不思議。

何より建物のスケールが良い。この町にちょうどいい。
このあたりは体育館やホールを地下に埋め込んであるというところによる実際的な低さ、ということもあるんだけれども
なんていうんでしょう、建築と言うよりも公園の中にある東屋と言う感じ。誰でもぶらっと立ち寄って、ひなたぼっこしていたり、こどもを遊ばせたり。ホールの大きさもこの町にちょうどいい。使いやすそう。

建物の発注者となる県のAさんに妹島事務所の担当Kさんをご紹介頂きいろいろお話ができた。
事務所のこと、仕事の進め方、金沢の美術館、、、などなど。
この建物ではなんと毎日現場に通っていたそうで現場に一日いたあとに事務所に帰って仕事。
そして夜中の2時、3時から妹島さんと打合わせ。始発でまた現場へ。
この間、自宅の公共料金は全部基本料金。
今日は寝てやります!
っと話していたのが印象的でした。Kさん、お疲れさまでした。

こんな建物が自分のとこの近くにもほしいなぁ。そうだ、N邸の現場の打合わせはここでやろう (^ ^)


2004.09.24

レポート

[ 建築見学 ]

DSC02602.JPGDSC02603.JPG

鬼石の現場の帰りに前回の予告とおり、妹島さん設計の鬼石町多目的ホール(仮称)の現場へ。
建物は大きく分けて、ホール1(体育館)、ホール2、管理棟の3つからなっていて町が設けている見学場所からはホール1を目の前に見ることができます。
町のHPでダウンロードできる基本設計説明書にあるように、主要な架構は鉄と木のハイブリット構造。ちょうど今、地上部分の架構がほぼ全容を見せていて説明書にある集成材舟形梁を見ることができます。どうやら実際の現場は上側が弓形に変更になっているようですね。構造を見るなら今、ですよ。
それにしてもこれでもつの? という印象。
柱も梁も小さい! 外壁はぐるっと全てガラス。
ガラスが屋根支えるの? ってくらい。
地上部分の存在感がどれくらい気薄になるのか。

こういうの見ると元気がでる。ちょっと大げさに言うと
既成概念がぶっ壊れるというか、自由なんだなと。

今後が楽しみ。

■鬼石町多目的ホール


2004.07.11

オープンハウス

[ 建築見学 ]

DSC02333.JPG10日,11日とスタジオシナプスのオープンハウス。

FLOWでは土曜日は東京のOさんご夫妻、鬼石のNさんファミリー。
日曜日は前橋のNさんご夫妻、高崎のOさんファミリーと4組のお客さまをお連れしての見学会となりました。
前回ここで書いたとおり、お客さまにはとにかくいろいろなものを見たり、また空間を体験して頂くことが大事。そうすることで自分たちのほしい空間のイメージが湧きやすくなるし、こちらからの提案も頭の中でシュミレーションしやすくなる。特に具体的に覚えておくということではなくて、感覚として、または記憶として空間を体感しておく。それで十分なのです。
○○さんのお風呂もこういう風になりますとか、これは○○という材料です、とか今後の予定などなど打合わせをかねての見学会。みなさん興味を持つ部分が異なるのが興味深い。こちらもいろいろ頭のなかに生まれてきました。
かたちにするのがムズカシーのですが。

こちらのオープンハウス、2日間で150人近く見学者があった様子。(お名前を頂いた方、のみで)
住宅を建てようとする皆様の意識が、変わってきた?(と、思いたい)
当日お手伝いしたStaff原口の話だと、これはどちらのメーカーの?という人もいたとか。
当たり前のようにハウスメーカーに足を運び、買ってきてしまう。また、そのような住宅が乱立する町並みはいかがなものか。
メーカー住宅や建て売りがいい、手間が楽な方がいいという方を否定する気はまったくありません。むしろそういう人にとっては、そちらのほうが幸せでしょう。全部やってくれますから。
ただ、もしちょこーっとでも迷っているかた、設計事務所を選択肢に入れてみてもいいのでは?
っと思います。どこの設計事務所も敷居高くないと思います。
もし高かったら、蹴っ飛ばしちゃって下さい(笑)


スタジオシナプス植木さん、お施主様Sさん、ありがとうございました。
2日間おつかれさまでした。


2004.06.19

ヨコミゾマコト/安藤忠雄

[ 建築見学 ]

IMG_0236.JPG
今日は、日光へと続く122号線沿いに立つ富弘美術館へ。不慮の事故により首から下の自由を失った作家が口で筆を巧みに操り描く水彩画は色使いが美しく、繊細。現美術館には県内外から年間30万人が訪れる。何年か前にこの建物の設計コンペを群馬県が開催、世界中から1500をこえる応募の中選ばれたのはヨコミゾマコト氏。またこの建物は施工業者の選定もコンペ。値段ではなく技術。ということで施工者側の提案や技術の競い合いもありこの辺も注目です。で選ばれたのは一番値段の高かった鹿島建設。スーパーゼネコンです。
ということで、前置きが長くなりましたが、この構造見学会にいってきました。
IMG_0213.JPGIMG_0214.JPGまずは収蔵庫から。水彩画と言うのは紫外線、温度に影響を受けやすく保存がむずかしい。この部屋は年間を通じて一定の温度を保ち絵画を良好の状態で保存するための部屋ですね。RC造です。続いて展示室。上の模型写真のように丸い空間がつながってゆきます。壁は9ミリの鉄板にリブをつけたセミモノコック構造。屋根もクモの巣状に骨を組むことで直径16mの部屋で112ミリと非常に薄く、デザインされています。すばらしい!
IMG_0224.JPGIMG_0225.JPG円と円がぶつかるところは外部空間、中庭。円と円が立て一本の線でつながった方がきれいだと思うんですけど、細長いプレートがあててありました。こういうところが難しいんですよね。水彩画ということで展示室も50ルックス以下の暗い空間になるということで、ところどころの中庭が暗闇に切り取られ作品のように見えてくる、そんな感じでしょうか。
IMG_0228.JPGIMG_0234.JPGカフェになる場所で腕組みするヨコミゾ氏。ロケーション抜群です。最後はヨコミゾ氏、構造のAURA、鹿島建設のレクチャーで終了。
当日は午前と午後で400人の予約がはいっていたそうで、妹島事務所等の有名事務所をはじめ構造家のアランバーデン氏、GA、新建築などの名前もありました。
完成が楽しみな、注目建築です。
で、帰り途中には、これまた超有名建築家安藤忠雄先生の昆虫博物館を見てきました。こちらは前の道路から勝手に(笑)見学、勝手に公開です。現在整備中の『ぐんま昆虫の森』と言う公園の中に建設中の建物。公園のオープンはまだ来年なのですが、建物はずいぶんできてますね。安藤らしからぬ?ドーム形のキャノピーの下に階段状の建物、さすがにコンクリートは美しいですね。
ということでこちらも注目建築。鬼石町の妹島さん設計の体育館ももうすぐはじまるということで県内に建築中のこれらに注目です!
IMG_0240.JPGIMG_0241.JPG


2004.05.18

graf@高崎

[ 建築見学 ]

5.18-2.jpg5.18-1.jpg5.18-3.jpg

先週、ここでかいたデザイン集団grafによる漬け物小屋が完成、見学に行って参りました。BRUTUSよりも早く、内緒でちょびっと内部公開です。

graf設立メンバーである野沢さんも今日が最後ということで、ギリギリお会いすることができました。多種クリエイターたちが集まってできたgrafも今やスタッフ総勢30人弱、活動の場も日本にとどまらずロンドンにも拠点を置くなど、昨今の活躍は凄い!

突然やってきた群馬クリエイター集団(笑)にも、気さくに楽しく
『デザインし続けろー、動きつづけなきゃだめだ。』とか
『実際は大変ですよ〜。どこでもいきますよ〜。(関西弁で)』とか、いろいろ貴重なお話を聞くことができました。grafほどでもそうなんだから自分なんかまだまだガンバリが足りんな。刺激受けまくりです。短い時間でしたけどホント楽しかった。想像していたとおり、カッコイイ事している、カッコイイ人でした。

野沢さん、撤収作業でお忙しい最中にありがとうございました。あの後、大阪までの道のり無事ついたかな?また、お会いできる日を楽しみにしてます。


2004.05.12

約束建築。

[ 建築見学 ]

IMG_0107.JPGIMG_0110.JPG
IMG_0111.JPG
今日は現場見学のお話。
数年前のBRUTUSに、『約束建築』って企画があったの覚えていますか? 
「安藤忠雄があなたの家を建ててくれます。」
みたいな感じで、有名建築家に建築を頼みたい人を募集した企画。
実は高崎で密かにこの企画の一つが進行中、もうじき完成ということでのぞきにいってきました。先々月あたりのBURTUSに進行報告がちらっとのっていたので、見た方もいると思います。クライアントは友人の母上。設計者は大阪を拠点に活躍するデザイナー集団graf。建物の用途は漬け物小屋。ちなみに母上のつける白菜の漬け物は評判を呼びネット上で販売されています。で、この建物はそのための離れ小屋です。

敷地は市街地から少し離れた高台にあり落ち着いた良いところ、きっと夏の花火は最高でしょう。
確認申請のいらないほどのちいさなちいさな建物ですが、そこは漬け物をつけるためだけの贅沢な空間。内部から外部へとつながるデッキは眺めもよく、きっと夏の花火は最高でしょう(笑)。
あ、花火の時に呼んで下さいと言っているわけではありません(笑)。

車を一台新調しようとおもえばこのくらいのものは建てられるわけで、こういうところに投資できる贅沢(金額的な事ではなく)というかゆとりは良いなーとつくづく思いました。ちいさなたてものではありますが、これがあることで、この空間がもたらしてくれる時間とか、癒しはクライアントにとってかけがいのないものになることでしょう。完成が楽しみです。また、この日はお会いできなかったですが、大阪からいらしゃっているgrafのスタッフさんにも完成までには会えそうでこちらも楽しみ。

完成時にはBRUTUSに載りますから、皆さんもお楽しみに。
ちなみに場所は、、、、秘密です。

graf


2004.05.01

見学。

[ 建築見学 ]

5.1.JPG今日は午前中仕事、午後は知合いの建築家星野さん設計の住宅のオープンハウスがあるということで、お施主さんのNさん夫妻と出かけてきました。今回は自然素材をふんだんに取り入れたコートハウス。Nさんのイメージとは仕上げのテイストは違うと思いますが、コートハウスがご希望ということでこのあたり、中庭の大きさや光の入り方内部と外部のつながりなど参考になったと思います。自分も参考になりました。星野さん、ありがとうございました。
なかなか空間というものは言葉では伝わりにくいものなので、こういう空間を実体験して頂いて経験として持って頂くということは大事だなと思っています。
途中、Nさんのポルシェにのせて頂いたり星野さんもポルシェのオーナーだったりで、こちらのお話も楽しかった。(おっと、またまたクルマネタのなっちゃいそうなのでこのへんで。)

それではNさん、次回は敷地で。お疲れさまでした。


2004.03.25

構造見学

[ 建築見学 ]

DSC02004.JPG

今日は友人の植木さんの現場S邸の構造の見学に行ってきました。
こうやって仲間うちでお互いの現場を見てあーじゃない、こーじゃない、お勉強会。
最近、建築熱の上がっているグラフィックデザイナーMKSDサトー氏も参加です。

第一印象は柱、梁共細い! (もちろん安全です)

さすが構造家H先生の計算、システムもものすごく合理的できれいです。
こういったデザインのことも考慮した、設計者の意図をくみ上げて構造を設計できる構造家って残念ながら、この先生以外に群馬では知りません。
 なんでこんなに柱でっかいの? とかこんな梁いらないだろー、みたいなことはしょっちゅうで、それを変えていこうという設計者も少なかったのでしょう。でっかければ安全みたいな過剰な構造があたり前になってる。
細かい部分では室内の天井とサッシュがきれいに納まる様に、梁をずらしてあったりして設計者の苦労がうかがえます。こういうことをおろそかにすると良い空間が生まれない。我々は恐らく言わなければ解らないようなことをチュクチュクやっているんですね。
ん〜なかなか。 植木さん、さすがです。
またちょくちょく見にこよう。

構造は囲われてしまえば見えない部分ですけど、トーゼン構造もデザインなわけで
よい建築には良い構造、改めて実感です。


2003.12.19

オープンハウス

[ 建築見学 ]

15-1.jpg 15-2.jpg 15-3.jpg

またまた手塚さんのオープンハウスにいってきました。今回は代官山、ヒルサイドテラスすぐ近くの傾斜地に建つ住宅です。
氏の作品、バルコニーの家と同じ構造システムでつくられていると思われますが、またとんでもない構造です。建物外周には1面しか壁が無い、つまり床はその壁が支えていて、柱が無く窓が水平に3方にまわってる。
頭で考えると揺れるんじゃないかとか思うんですけど、中に入るとそんなそんなことは全然感じない、不安な感じも無い。
建築やってる自分達から見ると、そんな所ばかりに目がいってしまいますが、住宅としてちゃんとできていて、んー 上手です。
車の写真は手塚夫妻の愛車、2CVです。
ふたりがいつも赤と青なのは有名ですが、これを知っている人はあんまりいないんじゃないかな。
車は黄色、そうです。2人の共有物は黄色なんです。
ということは二人の愛娘ブナちゃんは。。。
11.15のニッキをみてください。


CATEGORY

ARCHIVE

RSS