2006.03.25

きっかけの

[ Diary ]

3.25-1.jpg3.25-2.jpg
今日は杉並にある師匠のご自宅へ。
ひさしぶりに家族で、ということで新宿まで足を伸ばす。
エクスプローリー初東京。コンランショップ。
奥方は子供たちの食器など、私は洋書を物色。
ゆったりとしたここの雰囲気が好きです。

一路方南通りを西へ、レゴハウス(jt93)を目指す。
学生時代、建設中からこの建物の空間を体験してこの道に進んだ。
私にとってはきっかけの建築。
ここでの体験とか経験はきっと一生忘れないんだろうな。大好きな建物。
奥方共々、初心に返る場所です。

RCいいなぁ。暑くて寒いのは分かってるんだけど。
自宅はRCで、って結構本気で思ってるのですが。

さてさて、いつになることやら。。。


2006.03.06

東奔西走

[ Diary ]

3.6-1.jpg3.6-2-1.jpg3.6-3.jpg
午後より大胡のGEAR BOXへ。と言っても今日は車の、、、ことではなく
Oka邸に必要な部材作成を頼みに。現場にはなかなか細かいイメージが伝わらない。
というか、やったことないことばかり言うからしょうがないか(^^)
O邸の物干に続き、職人K氏の仕事。あっという間に完成。思い通り。さすが。

お次ぎはNa邸敷地へ。
町の下水道事業が進み明日には引込み工事とのことで、マスの位置を確認するために。
建設前に下水道が間に合った。いいタイミング。良かった。

敷地周辺は道路が通行止めだらけ。どこからいけば?ということで、車はあきらめ徒歩で敷地を目指す。
カメラを首から提げた私。「お世話になります」の挨拶とともにバリケードを突破、突破。
どうやら関係者に見えたらしい(^^)

で、お次ぎはTa邸敷地へ。
いくつかの敷地候補から自分もお進めした場所。頭を整理するために近隣などの情報を再確認。
なかなか難しいのだけど、ここならではの住まいにしたい。
どこを開き、どこを閉じる。光をどう入れる?
ポツンと一人シュミレーション。

犬の散歩のおばさまに不審がられる。
どこでもそうなのだけど、どうやら建築家にはみえないらしい(^^)

と、年度末でいろいろあるこの時期、ドタバタと気がつけばスタッフとあまり顔を合わせていない
ような気がするこのごろ。
今週はちと事務所に腰を落ち着けてコンセプトワークに集中、です。


2006.03.05

土日

[ Diary ]

3.4-1.jpg3.6-2.jpg

土曜日 JIA主催によるイベントへ。
母校の後身大学後輩たちの卒計講評会を見学。
ゲストは建築家青木淳氏+JIA各支部長。青木氏が司会(なんと贅沢な)で学生たちが順次発表していく。
皆各作品を十分に見て審査に望む余裕がなかったのだろうが、質問は上っ面なことに終始。。。
言ってることは分かるのだけど。卒計だからね。卒計の大切なところ、何をやりたかったのか。
最後に青木氏が一つ一つの作品を講評、統括。
的確な言葉で、丁寧に。見事。当たり前だけど、力の差を感じた。

日曜は午前中、太田市。時間がないので高速移動。ETC大活躍。
午後は高崎のOKA邸打合せ。
カーテンの色決め、他。床の養生が外れ、いよいよ完成が近づく。Okaファミリーは笑顔、笑顔。
この瞬間が嬉しい。とにかく。
そんな空気の中、自分はここで力つき、、、ダウン。ははは。
日頃の寝不足がたたり、またやった。Okaさん中途退場、すみませんでした。

来週末はOkaファミリーと建具塗装。
住まいつくりの思い出に。みんなで楽しくやりましょう!


2006.03.03

おまけ

[ Diary ]

3.3.jpgまたまた模型。今、某缶コーヒーについてくるBMW。
現場の休憩時間お約束の缶コーヒー。
ということで、監督さんから10数台もらっちゃいました。後ろのはトミカミニ。

この良いところは縮尺が1/100。我々のつくる建築の模型に使えるんですね。
おまけとはいえ良い出来。いいプロポーションでスケールダウンしてます。
全部で12種類だそうで、あと3台。
こうなると集めたくなってしまうのは・・・・・いつものことか。


2006.02.27

トリノ閉幕

[ Diary ]

italian-1.jpgitalian-2.jpegitalian-3.jpg

トリノオリンピック、閉幕しました。
荒川選手、良かったですね。見事金メダル!
毎晩、中継が自宅ワークのお供であったので、、、すごい空虚感。

と、トリノでまた、こんなネタ。
ミニ乗りであればご存知であろう映画「The Italian job」/1969年。
邦題「ミニミニ大作戦」(これはどうかと思うが。。。)

イタリアのトリノを舞台に、天才的大泥棒が4,000万ドルの金塊強奪にいどむ痛快犯罪アクション。トリノの交通網をマヒさせ、ミニを駆って市中を逃げ回るカーチェイスシーンが見所なのですが、名建築も登場します。屋上にテストコースのある旧フィアット工場(リンゴット)。一階から組み立てていって屋上までスロープが上っていって、屋上でテスト。コルビュジェ先生も大絶賛したというあれです。
今はレンゾ・ピアノの手に寄って商業施設にリニューアルされてる。

それと印象的なシーンに翼を広げたような建築中の建物の屋根に、アルファロメオパトカーにおいかけられたミニが駆け上がって撒いてしまう、というのがあるのですがこれがどうやらオリンピック、フィギアの会場だったパラベラ競技場だったんかな?屋根の下は変わってるけど、会場につくりかえたんじゃないかな。
何かとオリンピックのために投資して新しい建物をガンガン造っちゃって、持て余しちゃうなんてことを耳にしてしまう中、先日のトーチに続きイタリアらしいな、と思う話題でした。


2006.02.19

感謝

[ Diary ]

2006.2.19-1.jpg

今日は早朝より久しぶりにミニに火を入れ、関越道を南下。
途中、ヒーレー乗りの友人と合流。一路、東松山の森林公園へ。
某ミニ雑誌の取材会場となるこの日の森林公園駐車場は関東中のミニ&ミニ乗りでいっぱい。
8年前にくらいに私は取材していただいたのですが、今回は残念ながら知人グループの応援。
でもちゃっかり、撮影には参加しちゃいました。
イベント時にしかなかなか会えないですが、ミニを通じた輪が年々広がってつながって楽しい。
それからもう一つ、今日はチャイルドシートを2つ付けて家族4人で初めてミニでおでかけ。
下のちびもしっかりしてきて、ミニの乗り心地に耐えられるようになった(^^)
そしてミニの良さを再確認。肩がふれあうほどのこの小ささ。

で、応援もそこそこにお昼には地元にとんぼ返り。
弁当を買い込み、ひなたぼっこをしながら公園で子供たちと遊ぶ。
ここにはアスレチックがたくさんあって。最初は何もできるものがなかったのだけど
くるたびにできるものが増えて。子供の成長に驚かされたり、安心したり。大きくなっちゃったなぁと思ったり。
忙しい毎日だけど、しっかり目に焼き付けといかないと、と思う。

と、今日も遊びはここまで。
現場。Okaファミリーと打ち合わせ。
完成までいよいよあと1ヶ月。お施主さんにとっても来る度に仕上がっていくこの時期の現場は楽しみなもの。
週末にはできる限り時間を合わせて見ていただいて、完成まで一緒に楽しみたい。
明るいうちから始まった打ち合わせも気がつけば外は真っ暗。なかなか離れがたいのは皆一緒。
と、2階のコートからふと吹き抜けを見下ろすと、Okaさん長男と我が長男。
3年前、幼稚園で同じクラスになった2人。この2人出会いがOka夫妻と繋いでくれファミリーの思い、夢を託してくれた。
2人のためにも良い仕事をしないと。

人のつながり、人との出会い、人から与えられていること、生かされているということ。
感謝。ドタバタななかにもそんなことを考えた一日でした。

2006.219-3.jpg2006.219-2.jpg


2006.02.17

新年会&

[ Diary ]

今夜は前橋。
日頃お世話になっているインテリアショップ/LeConfort主催によるお食事会へ。
オーナー村井君を取り巻く仲間、常連さん、そして我々グランのメンバーが集合。
すでに2月も中盤の今日ですが、おそーい、新年会&ルコン10周年。

客としてお邪魔してからのおつきあいも、きっとそれくらいになる。早いなぁ。
村井君とは同学年ということもあり、ジャンルは違えどいろいろ相談しながら突っ走って来た。
あっという間の10年、だったようだけど気がつけばお互い家族を持ったり
GrandConfortを立ち上げて一緒に仕事させてもらっていたり。
思い出に浸りながら皆さんとの楽しい宴となりました。
10周年おめでとう!

ここから10年。
いったいどうなってるかな。って、すでにいろいろ話してるね。
お互い今後の展開も志をもって、前向きに確実に。
そして相変わらず、突っ走ろうね。


2006.02.15

ギリギリ、、、

[ Diary ]

今年もこの時期がやってきました、確定申告。
こまめにパソコンに打ち込んで、パパパパパーーーット、やっとけば良いんですけどね。。。
仕事に追われちゃって、ってのは言い訳。ギリギリまで後送りにしちゃうのは悪い癖だな。
なんとか今年は2月中に終わらせたい。目標。

ギリギリに、と言えば春に発行される某誌に東京のO邸が掲載されることになっているのだけど
原稿の締め切りが、、、やばい。が、これはパパパ、、、という訳にはいかず。
時間をつくって集中してしっかりとやらないと。文章は難しい。苦手。

これまたギリギリ、かな。。。


2006.02.13

歯科医院

[ Diary ]

夕方、仕事の手を休め息子と歯科医院へ。

日記を読返すこと、昨年の9/6、親知らずの抜歯を2本。あと2本、、、以来、行ってない。。。
先週の息子の付き添いついでに予約をしていたのでした。
なんか抜歯以外でやることある?と一応聞いてみたのですがあっさりと無いとの返事。
腹を座らせて、残りの2本を抜いてきました。
今回は新兵器があるのよ、と医師の友人。なんとレーザーで傷口を焼いちゃう。
前回は縫わなきゃいけなかったりして1週間くらい、煩わしかったのに痛みも後引くこと無く、実に楽。
抜歯の予定のある人はこのレーザーがあるとこが絶対におすすめ。
ちょっと自分が焦げてる煙とにおいは変な感じだけど(^^)

嫌なことは後送りの親父とは裏腹に、息子は歯医者行きに抵抗ないみたい。良い子。
どうやら先生が親父の友達だから安心している様子。もう大丈夫だね。
ん、あれ、違うんかな。終わったらもらえるご褒美を楽しみにしている?

ま、帰りの足湯を親子して、楽しみにしてるってことは間違いないんだけど。

2006.2.13.jpg


2006.02.10

トリノ

[ Diary ]

20060210-1.jpg20060210-2.jpg
明日未明からトリノオリンピックがいよいよ開幕。
開会式はどんな? 最後の聖火走者は?日本のメダルはいくつ?
どこのBlogも今日はこの話題がたくさんでしょうね。

ここではちょっと違う切り口で。聖火。
ブランクーシの彫刻のような美しい曲線のトーチ。
調べてみるとデザインはフェラーリ、プジョーははじめ数々の名車を手がけるイタリアのカロッツェリアピニンファリーナによるもの。
やはり。ね。
ちなみにトーチ、デザインにあたってのの条件としては

・昼間でも100メートル先から火が確認できる。
・雪や雨、−25℃から+25℃まで耐えられる。
・時速120km、高度5000メートルでも消えない。

 というものだったそうで、車の空力を検討する風洞実験室が大活躍だったそう。
大きな扇風機の前で必至に耐えている様子が何とも愛らしい(^^)
これまでは? 気にとめてみたことはなかったな。
いかにもイタリアでのオリンピックらしいくて良い、ですね。

さてさて、日本勢の活躍に期待が高まるばかり。
頑張れ日本!!
今日からちょっとの間、長い夜のはじまりです。


CATEGORY

ARCHIVE

RSS