2005.12.27

ドタバタ。

[ Diary ]

今日は事務所で数社の業者さんと、見積打合せ。
終了後は大胡町へ、某案件。
戻ってくると既に真っ暗なOkaH現場で、電気屋さんと打合せ。
事務所に戻ってくると立ち寄ってくれた友人から、一冊の本のお土産。
『建築は詩』 著 吉村順三。
嬉しいなぁ。ありがとう。お正月にゆっくりと読みます。
芸大の展覧会もいきたいなぁ。
今晩はこれから渋川で忘年会。
明日は東京のO邸へ。と、いつにも増してドタバタ。
今週はもうこんな調子だな。

ふ〜、年末らしくなってきた(^^)

12.27.jpg


2005.12.26

クリスマス

[ Diary ]

日記。私信。

日曜日。クリスマス。朝方まで仕事。
枕元にプレゼントを発見した息子たちのハイテンションっぷりにこちらもテンションがあがる。
的は外さなかったようでサンタも嬉しい(^^)
と、事務所行って図面うちださないと。そんなさなかSaiさん来所。
ドタバタでゆっくりお話しできなくてすみませんでした。
お借りしたものよく見ときますね。

午後。今年最後の大仕事、ShinHの納図完了しました。
お二人とも体調が優れなそうだったけど、大丈夫だったかな。
私も寝不足のボケボケでいろいろ説明が足りなかったかも?ですが年内間に合って良かった。
お次は見積参加業者のみなさん、よろしく。

で、またそんなさなか、住まいをお考えのお客様のご来客があった様子。
私は打合せ中で対応させて頂くことが出来ず、すみませんでした。
すぐに建てる建てない関わらず、また気軽にお立ち寄りくださいね。

夕方、OkaH現場へ。
こちらは予定通り進行中。
だいぶ、内部の様子がわかるようになってきましたよ。
Okaさん、週末一緒に見に行きましょう。ご案内します。

晩、子供たちが寝静まってからメカニックのKさんところへ。
日付が変わるまで、入庫しているポルシェをまえに趣味の車談義。

ああ、サンタさん
私のところにこれが届くのはいつになるのでしょう(^^)


2005.12.23

黙々と

[ Diary ]

今週はほとんど事務所にこもり、黙々とShinHの図面。
毎晩(朝?)遅くまでの作業のかいあってようやく先が見えてきた。
時間経つの早すぎ、、、ねむい、、、
予定を押してしまいましたがいよいよ週末納図。できる、、、はず。
Shinさん、おまたせしてすみません。

今週末はクリスマス!なんですね。
日にち、曜日感覚、ゼロ(^^)プレゼントの用意いつしよ。
それから年賀状。うっ、お歳暮。。。まずい。
なにもやってない。

はたして、我が息子たちにサンタはやってくるのだろうか?
楽しみにしてるからなんとか変身、しないとね。

05.12.23.jpg


2005.12.18

Ya-h 初登場

[ Diary ]

12.18.jpg12.18-2.jpg
この週末土日はYaH、ShinH、打合せ。

Yaさんファミリーとの出会いは今年のはじめ。
いろいろな可能性を探しながら、打合せを重ねて来ました。
今回はその集大成。ベースとなる案が決定。
建物の中心に配した中庭を回遊するプランは子供たちが走り回る姿が想像できて
楽しみ。Yaさんもワクワクしてきた様子(^^)
このBLOGのカテゴリー、Ya-houseも作らないと。

ShinHはもうちょっと時間をいただいて。
今日は見積を前に詳細の打合せ。
デザインの方向性の確認、って言うと大げさか。
2人とも扉の開け方まで気を使えてる。良質な空間を獲得するために
ディティールの思考はとても大切なことです。
良い打合せでした。
しっかりとまとめないと。

あと少し、スタッフ一丸となって頑張ります。


2005.12.08

LLC@FLOW

[ Diary ]

12.8.jpg今週は忙しい。。。奥方が私用で中旬までお休み。
師走と言うこともありますが、ドタバタ。
そんな中、元カフェオーナーのNさんとYさんが某案件の打合せに。
「鎌倉でおいしい豆、手に入れてきました。」と。
入れてもらっちゃいました(^^)お客様なのに。
さすがプロ。美味い!
と言うことで急きょ、美味しいコーヒーの入れ方講座。
なるほど!と思うことばかり。2人のこだわりが光ります。
楽しいお話と美味しいコーヒー
最高のひとときです。


2005.12.01

師走

[ Diary ]

早いもので今年もあと一ヶ月。
毎年この時期思うことですがやり残したことがいっぱい(^^)
まだ一ヶ月ある!前に進むのみ。

このHPも2004年の元旦にUPして2年になるわけだ。
アクセスも最初の一年で1万。この一年で2万以上と倍になった。ありがとうございます。
最近、Blogは手を抜きがちで日々の報告に終始している感。。。
もうちょっと自分の考えなどかけたら良いなぁと思う。
それと現在進行中の物件が新年早々より順次着工の予定。
HP上であるいはオープンハウスなどで皆様にお見せできる機会も多くなると思います。

来年は戌年。年男。
飛躍の年になるように。準備準備。


2005.11.29

確認申請

[ Diary ]

構造計算書の偽装問題。

ここは同業者さんがたくさん見てくれているようですが、自分的には一般の皆様に書いているつもりなので、これを機会に専門用語、機関などについてたまには書いてみようかなと思います。簡単に。

今日は「建築確認申請」
建物を造るときに市役所や県の土木事務所など関係行政にこういう建物をどこどこに計画しています、っと言うことを確認してもらう。これには建物の規模によって添付する書類は変わるのですが、構造計算書も含まれる。
「構造計算書」についてはまた次回。
で、イーホームズやERIというのが登場してきますがこれはこの確認申請業務を行政から委託された民間の業者。
最近では警察の駐車禁止取り締まりを民間の警備会社に委託したりと言うことが始まるようですがこれと同じですね。
役所の業務を軽減するのが、主な目的でしょう。

いつも行政の担当窓口に提出している私は、この民間機関のことは直接は分からないのですが同業者から聞こえてくるのはまず決済されるのが早い、ということ。
報道の仕方に問題があると思うのだが、早いから見落としていると言うことではないと思っていい。これは役所が受け付けている物件でも問題が起きているのを見れば明らかですよね。時間がかからないと言うことはきちんとやっているものにとっては大きなメリットと言って良いでしょう。
それともう一つは、遠方の物件でも自分の近くの窓口に提出すれば良いというとこ。
例えば高崎の民間業者窓口で東京の物件の確認申請を受け付けてくれる。
両方とも我々の側からすると都合が良かったりする場面が多い。

と、問題が起こらなければ良いことばかりの様な気がするのですが、これらの民間機関の手数料は役所の倍。私がここを利用しないのは金額が高いから。
お客さんにとっては何のメリットもない。

私も今まで勤めている期間も含めると相当数の確認申請を提出してきた。
言えるのは、役所でも見落としはあると言うこと。どんなに気をつけてたって人。
で、それをこちら側の人間はみんな分かってる。
もちろん偽装に気づけばそこで止められたのは間違いない。
でも、数百枚に及ぶ計算書をチェックできないのも分かってるはず。

つまり、だまそうと思って提出していることが問題。
悪意の中で。

許可されているんだから責任がない、と胸を張れるのはそのあたりからきてるんでしょうね。

確認申請。”確認”ということを意識の中でどうとらえるか。
許可、ではないんだよ。


っと。説明のつもりが後半は、、、

11.30.jpg


2005.11.24

責任

[ Diary ]

この話題には触れた方がよいのかなぁ・・・A建築士。
当初から絶対的に引っ張り出され集中攻撃された。
この件は同じ業界にいるものとして、いろいろ思うことがあり書き出すとすごく長くなりそうなので
どうしようかと思いましたが。。。
役所もしくは委託業者のチェックの甘さ。
コスト削減、発注の増加のための構造設計書の偽造。
こんなのは何も言うことはない。呆れる。

発注者などは採算のことしか頭にないんだろね。建って売れれば。
が、A建築士はすべて知っていた。危ないことを。
そういう意味では非難は当然のことだろう。
でもこの問題は裏がある。下請けであった彼が何でこんな危ない橋を渡ったか。
もっともっと、そうしなければならなかった汚い話がもっと出てくる。
きっと。
元請けの設計事務所はどこ行った?
ディベロッパーはメディアに出まくり被害者ぶってて大丈夫なのか?
????


地震がくれば心配。大雨がくれば心配。もちろんきちんとしてあっても、だ。
我々の仕事はそういうもの。大きな責任がある。
どんなに経験を積んでも、そんな人間臭さを忘れない。
金を積まれても、、、(^^)

Aさんは夜、眠れたのだろうか。
もっともそんな人間的な部分は疾うの昔に忘れちゃってるのかな。


2005.11.19

長い一日

[ Diary ]

11.19-2.jpg明け方まで午前中の打合せYa-hのプレゼン準備。
模型まで手が回らなく図面だけになってしまった。。。
今回は今までとはガラッと、発想転換したプラン。とても気に入っていただけた様子。
どうやら最近、自分でブレーキをかけてる? 傾向あり。

午後はShin-h打合せ。
こちらは実施設計中なのだが、玄関廻りに一つ課題あり。
う〜ん。。。迷う。図面を進めながら、検討だな。
決断が要求される。設計でも現場でも。
迷いは建物に現れる。なんとかクリアしないと。

晩はGrandConfortのお客様の住まいつくりパートナー探し。
先日面接に続き今回はそれぞれの仕事を見ていただく、ということでFLOWでは
東京のO-houseへご案内。土地の値段を考えれば明らかだが、群馬での家つくりと
都内ではスタートから違う。でも、住空間が本来の持っているものは一緒。
O-hはいわゆる”狭小住宅”と言われるカテゴリーに入るのだろうが、私はそう思ってつくっていない。
この土地にこれだけ詰め込みました、どうだ、的なものではないから。
見ていただいた皆さんにはきっと分かって頂ける。

Oさんには本当に感謝している。住まいのことも完成後も。
いつもあたたかく迎えてくれる。そして、楽しいトークで場をサービスしてくれる。
今回も日付が変わるまで、、、すっごい楽しかった。
仕事のお話頂けたらOさんのおかげかも(^^)


っと、久しぶりに長い一日。
帰ってすぐ眠れば良いのに、、、
またまた明け方まで24見ちゃう私なのでした。


2005.11.13

紅葉

[ Diary ]

11.13.jpg週末、結婚式で軽井沢へ。

軽井沢へ向かう道中、周りの山々がどんどん赤くなっていく様は見事。

ホテルの窓で切り取られた景色も見事でした。

紅葉の向こうには雪をかぶった浅間山。

冬はもうすぐそこです。


CATEGORY

ARCHIVE

RSS